歯周病・歯槽膿漏は治せる。 お口のお悩み・症状は、私たち国際ビル歯科にご相談下さい。

Share

facebookでシェアする

ドイツ・カポ社CT完備、骨密度も測定可能 マイクロスコープ常備
咬合検査と聴力測定

咬合の異常と、耳の異常とに、
相関関係のあることが証明されました。

今の咬合状態の診断や、治療後に改善したのか?という評価に有効です。 耳の異常とは、よく聞こえない(難聴)、耳鳴り、めまい、耳が詰まる(耳閉感)、他などです。 咬合の改善により、耳の異常も改善されることもあると分かりました。 歯は身体の健康を守ることにもなる、大切な臓器であることが判ります。

インプラント治療の最先端技術「光機能化」

「歯槽膿漏のため、他院で全部抜歯して総入れ歯と言われたそうです」
詳しくはこちらから→

画像はイメージです

詳しくはこちらから>>>

当院について

歯周病・歯槽膿漏の治療は、歯の延命処置だけではなく、心身の健康回復にも役立ちます。
治療とご相談は私が責任を持って担当いたします。

歯周病・歯槽膿漏は歯を残しながら治療でき、また全身の大きな病気の予防にもなりえます。

院長 相良(さがら)

院長室へ>>>
歯周病・歯槽膿漏・虫歯予防

歯科衛生士が
責任を持って担当いたします。

最大の口臭予防にもなります。

著書

「インプラント最前線」
毎日新聞社



「歯科人間ドックマニュアル」
共著 歯科人間ドック学会編
クイントエッセンス出版株式会社

「歯科人間ドックマニュアル 
改訂版~いますぐはじめる口腔健康度チェック」
共著 歯科人間ドック学会編
クイントエッセンス出版株式会社



「現代歯科インプラント学(上・下)
Carl E.Misch 著
共訳:奥寺 元/相良俊男/定永健男/梨本正憲/藤野 茂/古澤利武
堀部直貴/室野井基夫/山川 治/山下 忍
出版:日本口腔インプラント学士会
監修:宮崎隆、昭和大学歯学部教授


歯周病・歯槽膿漏Q&Aピックアップ

その他の歯周病・歯槽膿漏Q&Aは「歯科相談Q&A」へ >>>

虫歯Q&Aピックアップ

その他の歯周病・歯槽膿漏Q&Aは「歯科相談Q&A」へ >>>